カテゴリー別アーカイブ: 未分類

声優を目指す前に

声優の仕事は、アニメの吹き替えだけではありません。他にも洋画の吹き替えや、朗読、ラジオドラマや、ナレーション、イベントの司会などとその仕事は多岐に渡ります。ただ、どれもこなせるという人は少なく、人それぞれに中心となるカテゴリーがあります。アニメに強い人、洋画の吹き替えが得意な人、またはナレーションや朗読が上手な人など、自分の得意分野を確立することが、声優として自立するコツとも言えるのです

こうしてみると、声優になるにはその前にまず、自分をよく知ることが必要とも考えられます。ただ、好きだからという理由だけでは声優になることはできません。自分の性格や普段の行動範囲などで自分の適性を知ることも重要なのです。

例えば、想像力が豊かであればアニメが向くでしょうし、自分の能力を試してみたいタイプであれば、洋画の吹き替えなどもいいでしょう。こうした自分を分析する能力も声優になるには必要と言えます。その上で、タレント養成所を考えるべきで、声優希望ということだけで、声優を目指すのはおすすめできません。声優の仕事は幅広いものです。どういったジャンルに自分は向いているのかを知ることは、デビューへの近道になるとも言えるのです。

オーディションの流れ

声優になるためには、タレント養成所に入所し、そこでみっちりと基礎を学ぶことが夢への第一歩となります。ただし、それにはまずオーディションという関門が待ち構えていて、これを突破しなければ、夢に近づくことはできません。このオーディションですが、まずは一次審査があります。いわゆる書類選考です。履歴書や、その養成所のエントリーシート、写真を送付することになりますが、声優のオーディションにはこれに、ボイスデータが加わります。

こうした一次審査に受かった人は、二次審査へと進むこととなります。二次審査は養成所などで行いますので、遠方の人は余裕のあるスケジュールを組む必要があるでしょう。二次審査の流れとしては、まずは面接です。ここで簡単な質問がありますので、はきはきと答えてください。そしてできることならば、しっかりと自己PRもしておきましょう。

その後、実技の審査に入ります。原稿を渡され、実際に台詞を言ってみるのです。この場合も、その設定やキャラクターを理解し、何が求められているのかを瞬時に読み取る能力が必要となります。そして、二次審査の最後はフリー審査となります。自分の声をアピールするための場と言えます。歌であったり、他の特技を披露し、しっかりと自分の強味を発揮してください。

声優への第一歩

今や、日本のアニメは全世界的に知られることとなりました。画像の美しさやキャラクターの愛らしさ、ストーリーの完成度など、アニメ人気を支えている原因は様々ですが、もっとも重要な部分と言えば、キャラクターの声を担当する声優陣でしょう。もちろん、外国で上映されるときは、その国の声優によって吹き替えられるわけですが、やはりそこでも声優の担う役割は大きいものです。

声優はそのアニメキャラクターの全体像を決定するほどの大きな影響力を持ちます。今までヒットしてきたアニメは、必ずと言っていいほどキャラクターと声優が見事にマッチングしているはずです。このように、声優はアニメの人気を左右する存在で、それに憧れている人も多くいるのです。

声優になりたいと思っていても、すぐになれるわけではありません。では声優になるにはどうすればいいのでしょう。最も一般的なものは、タレント養成所に入所することです。タレント養成所では、声優になるための基本的な知識とスキルをじっくり学べます。しかも、週に1~2回程度の受講ですので、仕事や学校との両立も可能です。さらに、タレント養成所は芸能プロダクションが運営しているところが多く、デビューの機会を与えられることもあります。ただし、そこに入所するにはオーディションという関門が待ち構えているのです。

声優とタレント養成所

アニメや洋画、ラジオのパーソナリティなど、声優が活躍する場は増えています。こうした声優の中には、アイドル並みに人気のある人もいて、多くの人が声優を目指しているのです。ただし、誰もが声優になれるわけではありません。声優になるためには、まずはタレント養成所で、みっちりと声優としての基礎を学ぶ必要があるのです。その上で、声優としてプロダクションと契約し、そして仕事を貰うことになっていきます。

声優になるためには、タレント養成所に入所するのが最も一般的な手段となります。ただ、そこに入るには、オーディションを受けなければいけません。この関門をまず突破することが、声優への第一歩となるのです。タレント養成所のオーディションとしては、書類選考の一次審査があり、それに受かれば二次審査としての面接や実技となります。全国から多くの声優希望者がこのオーディションにやってきます。そこでどれだけ、自分をアピールでき、審査員の印象に残るかが合格の鍵になるのです。

二次審査に合格すると、タレント養成所への入所となりますが、ただその前に、自己分析をしっかりと行っておくことをおすすめします。自分は本当に声優になりたいのか、どういったジャンルの声優を目指すのか、自分の性格や能力と照らし合わせてみるのです。その上で、声優としてやっていけるのかどうかを判断してください。このサイトは、声優になるためのタレント養成所への入所について説明します。