声優を目指す前に

声優の仕事は、アニメの吹き替えだけではありません。他にも洋画の吹き替えや、朗読、ラジオドラマや、ナレーション、イベントの司会などとその仕事は多岐に渡ります。ただ、どれもこなせるという人は少なく、人それぞれに中心となるカテゴリーがあります。アニメに強い人、洋画の吹き替えが得意な人、またはナレーションや朗読が上手な人など、自分の得意分野を確立することが、声優として自立するコツとも言えるのです

こうしてみると、声優になるにはその前にまず、自分をよく知ることが必要とも考えられます。ただ、好きだからという理由だけでは声優になることはできません。自分の性格や普段の行動範囲などで自分の適性を知ることも重要なのです。

例えば、想像力が豊かであればアニメが向くでしょうし、自分の能力を試してみたいタイプであれば、洋画の吹き替えなどもいいでしょう。こうした自分を分析する能力も声優になるには必要と言えます。その上で、タレント養成所を考えるべきで、声優希望ということだけで、声優を目指すのはおすすめできません。声優の仕事は幅広いものです。どういったジャンルに自分は向いているのかを知ることは、デビューへの近道になるとも言えるのです。


コメントは受け付けていません。